Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Ramsey Lewis Trio / THE IN CROWD

誰もが愛したソウルジャズの人気盤

ラムゼイルイス The In Crowd,
Ramsey Lewis Trio, 1965
このアルバムやタイトル曲“The In Crowd”は大ヒットし、ラムゼイ・ルイスの名が一気に世間に知れ渡るきっかけになった作品。特徴はとにかく楽しいこと。観客もこのアルバムの共演者の一人であり、盛り上がる様子が手に取るように伝わる。

バックの二人はベースのEldee Young(エルディ・ヤング)にドラムがRed Holt(レッド・ホルト)。つまり、のちにこれまた楽しいソウルジャズを残したYoung-Holt Unlimited(ヤング・ホルト・アンリミテッド)の二人。『ジ・イン・クラウド』でもエルディ・ヤングは大活躍で、ベースを弾きながら大きな声でフレーズを口ずさみ、観客を大いに盛り上げている。

ちなみにビルボード第5位となったタイトル曲は、ライヴ前に急遽演奏することになったらしい。どんな曲なら客に受けるのかと思案していたメンバーを見たライヴ会場のウエイトレスが「あんたたちならこの曲がいいんじゃない」と、当時珍しかったジュークボックスでかけたのが、Dobie Gray(ドビー・グレイ)の『ジ・イン・クラウド』だった。もし彼女が違う曲を紹介していたら、このアルバムの後の成功はなかったかもしれないのだ。最近では2013年にグレゴリー・ポーターも“Liquid Spirit”の中で、ドビー・グレイとラムゼイ・ルイスをミックスしたようなバージョンをカバーしている(これがまたカッコイイ!)。

Producer: Esmond Edwards
1965年





The In Crowd - Ramsey Lewis Trio
関連アーティスト