Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Bunky Green / THE LATINIZATION OF BUNKY GREEN

最高のモンド・パーティー・ミュージック

バンキー・グリーン The Latinization of
Bunky Green, 1966
ヴォーカルにはなんとThe Dells(デルズ)が参加したジャズ・サックス奏者Bunky Green(バンキー・グリーン)の“The Latinization of Bunky Green(邦題:バンキー・グリーンのラテン化計画)”。このおかしな邦題は、作品の雰囲気をうまく言い表している。

バンキー・グリーンはCharlie Parker(チャーリー・パーカー)に影響を受け、プロとしてはCharles Mingus(チャールズ・ミンガス)に見出され、後年は教職者となり後進の育成に力を注いだが、この『バンキー・グリーンのラテン化計画』では、そんな堅苦しさやシリアスな面影は全くない。全編スーパー・ハッピーなラテンソウル一色で、ジャズということさえ感じさせない、誰にでも楽しめるパーティー・ミュージックに仕上がっている。

デルズがヴォーカルで参加といっても、ソウル感もなく、ほとんどの曲は、「ウッ」とか「アッ」とかの掛け声ばかりで、彼らの役割は完全にバンキー・グリーンの盛り上げ役。デルズがフィーチャーされた曲といえば“Guajira Con Cha-Cha-Cha”ぐらいだが、ゆるーいキューバ人の歌声にしか聞こえず、シカゴで録音されているなんて微塵も感じない。

オススメはトッポいラテン感がよく出た“Let Me Go”、“Feeling Good”、“A-Ting-A-Ling”の3曲。

あまり褒めているようには感じないかもしれないが、バンキー・グリーンの作品としては最もハッピーな作品で、このラテン化計画には諸手を挙げて賛成したい。

Producer: Esmond Edwards
1966年





A-Ting-A-Ling - Bunky Green
関連アーティスト