Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Young-Holt Unlimited / SOULFUL STRUT

プロデューサーのセンス(と権力)をフルに使ったゴリ押し名作

ヤングホルトアンリミテッド Soulful Strut,
Young-Holt Unlimited,
1968
ラムゼイ・ルイス・トリオのメンバーとして活躍したドラマーのRed Holt(レッド・ホルト)とベースのEldee Young(エルディ・ヤング)を中心としたユニット、ヤング・ホルト・アンリミテッド。音楽家としては輝かしい経歴だが、このアルバムの主役は彼らではなく、プロデューサーのカール・デイヴィスのようだ。

本作『ソウルフル・ストラット』からはタイトル曲がビルボード・ホット100で3位のスーパーヒットを飛ばしている。この曲は元々バーバラ・アクリンが“Am I the Same Girl”としてレコーディングしたものだが、なぜかカール・デイヴィスの決断により、ヴォーカルをカットし、ヤング・ホルト・アンリミテッドのインスト曲として先行リリースされる。そして、さらに謎なのがエルディ・ヤングもレッド・ホルトもこの曲のレコーディングには関わっていないという噂だ。さらにヴォーカルの代わりに入れられたピアノもヤング・ホルト・アンリミテッドのピアニストKen Chaney(ケン・チェイニー。彼はこの後Awakeningを結成)ではなく、別人物が弾いているらしい。つまりこの曲は、事実上ヤング・ホルト・アンリミテッドの名を借りたBrunswick(ブランズウィック)のプロデューサー&スタジオ・ミュージシャンの作品なのかもしれない。

当の本人のヤング・ホルト・アンリミテッドが『ソウルフル・ストラット』についてどう感じていたのかは不明だが、この時期のカール・デイヴィスのセンスは文句のつけようがなく、結果としてはソウル史に残るインストアルバムが完成した。

Producer: Carl Davis, Eugene Record
1968年





Soulful Strut - Young-Holt Unlimited
関連アーティスト