Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Brunswick Records

ニューヨーク発、シカゴソウルの名門

Brunswick Troubles a Comin,
Chi - Lites, 1970
ブランズウィックが最初にレコードを制作したのは1916年と古い。ソウルミュージックのレーベルとしてのイメージがつくのは、1957年にJackie Wilson(ジャッキー・ウィルソン)と契約した頃からだ。ジャッキーはヒットを立て続けに飛ばし、一躍このレーベルの顔となった。

彼の人気に陰りの見え始めた1966年、Carl Davis(カール・デイヴィス)をプロデューサーとして招き、レーベルの再建を図った。その結果、これが大当たりし、レコード・セールスも好調となり、ブランズウィックは米国有数のソウル・レーベルに成長した。もともとシカゴソウル・シーンの顔役であったカール・デイヴィスは、Artistics(アーティスティックス)Chi-Lites(シャイ・ライツ)Barbara Acklin(バーバラ・アクリン)らをブランズウィックに呼び寄せて、自らのプロデュースでレコードをリリースした。

こうして元々はニューヨークの会社でありながら、60年代、70年代のシカゴソウルを代表するレーベルとして人々の記憶に残った。





Have You Seen Her - Chi-lites
関連アーティスト