Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Chi-Lites

シカゴのスウィートソウルを代表するヴォーカルグループ

Chi-Lites (For God’s Sake) Give More
Power to the People,
Chi-Lites, 1972
Chi-Lites(シャイ・ライツ)には、好きな曲がたくさんあって、中心メンバーのEugene Record(ユージン・レコード)在籍中の70年代初頭のアルバムはどれも素晴らしい。人気のあったグループなのでヒット曲も多い。“Have You Seen Her(全米チャート3位・1971年)”や“Oh Girl(全米チャート1位・1972年)”、“Homely Girl(R&Bチャート3位・1974年)”をはじめとするバラードや、“I Found Sunshine”や“Too Good to Be Forgotten”、“Stoned Out of My Mind”のようなダンスチューン、“(For God’s Sake) Give More Power to the People”のようなファンキーな曲と、どれを聞いても共通するのは、ほろ苦い想い出に浸るような気持ちになることだ。

シャイ・ライツならベスト盤でも十分に楽しめるが、アルバム単位で聞くとまた印象が少し違って感じる。もしスウィートソウルが好きな人なら“A Lonely Man(1972年)”、バランスよく楽しみたいなら“(For God’s Sake) Give More Power to the People (1971年)”や“Chi-Lites(1973年)”がオススメ。

あまりにもメジャーなので、逆にソウル通を自称する人からは避けられているようにも感じるが、マニアックな盤を聞く前に是非聞いてほしいアーティストだ。





Stoned Out of My Mind - Chi-Lites
関連アーティスト