Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Artistics

シカゴ生まれのデトロイトソウル

アーティスティックス This Heart Of Mine,
the Artistics, 1965
アーティスティックスは1958年、シカゴの高校の友人4人によって結成された。デビューのきっかけは、Major Lance(メジャー・ランス)が彼らのリハーサルを聞いて気に入り、その後、大プロデューサーになるCarl Davis(カール・デイヴィス)に紹介したことだった。こうしてOkehから最初のシングル“I Need Your Love”を発表する。メジャー・ランスとも仕事をしている。彼の代表作“The Monkey Time”ではアーティスティックスがバックを務めた。

Okeh(オーケー)で何作かレコーディングはするものの、リード・シンガーが一定せず、ヒット作には恵まれなかった。上昇のきっかけはシカゴで50年代に人気のあった元El DoradosのMarvin Smith(マーヴィン・スミス)の加入。マーヴィン・ゲイのカバー曲“Get My Hands On Some Lovin'”がシカゴのローカルチャートでトップ5入りのヒットにつながった。この曲が示すようにOkehがシカゴ色を全面に打ち出したレーベルであるのにも関わらず、アーティスティックスのサウンドはデトロイト寄りのものであり、Okeh時代にはBarret Strong(バレット・ストロング)のに手によるノーザンソウルの名作“This Heart Of Mine”もリリースしている。

1966年カール・デイヴィスとともにBrunswick(ブランズウィック)に移籍。彼らとしての最大のヒット曲“I'm Gonna Miss You”をリリース。キャリアを通じて大ヒット曲には結局恵まれなかったが、クオリティーの高いサウンドを常に作り続け、現在でもノーザン・ソウル・ファンには人気のあるバンドである。





You Left Me - Artistics
関連アーティスト