Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Marvin Gaye / WHAT’S GOIN ON

「ニューソウル」の時代の幕開けを告げた歴史的名作

マーヴィン ゲイ What's Goin On,
Marvin Gaye, 1971
この作品の前までは、Tammi Terell(タミー・テレル)とのデュエット曲“Ain’t No Mountain High Enough”の大成功で、絶頂期を迎えていたマーヴィン・ゲイ。しかし、テレルが脳腫瘍のため24歳の若さで急逝したことにより、精神的に落ち込み、音楽の世界からしばらく遠ざかることになった。

その傷心のマーヴィン・ゲイが、これまでのポップスターとしてではなく、アーティストとして復活し、1971年に発表したのがこのアルバムのタイトル曲“What’s Going On”。所属していたモータウンは、内容があまりにも社会的すぎるので、リリースを拒んだが、マーヴィンは一歩も引かず、レコード会社を説得し続けた。ストライキまで敢行したマーヴィンに、会社は渋々了承し、結局リリースに至るが、レコード会社の予想は外れ、この曲は大ヒットとなった。

その結果、レコード会社はマーヴィン・ゲイが目指す音楽を自由に作ることを認め、急遽アルバムが制作された。こうして完成した本作は、全編穏やかでメローなサウンドではあるが、歌詞の内容はやはり暗い。幼少期の虐待やテレルの死を経て、彼の内省的な部分が前面に出ており、また、ベトナム戦争や公害などの社会的テーマも扱い、一種のコンセプトアルバムのような作りになっている。

このアルバムをきっかけに、70年代のマーヴィン・ゲイは真のアーティストしての道を歩みだす。また、同じレーベルに所属していたスティービー・ワンダーも、同様の道を歩みだし、この二大スーパースターの才能を原動力にして「ニューソウル」への動きは一気に加速していった。

スライ&ザ・ファミリー・ストーンは、人種の壁を越えることで、新たな次元へと進んだが、マーヴィン・ゲイは逆に、黒人であることをより深く見つめ直すことで、ブラック・ミュージックを新たな次元へと導いた。

父親から音楽や神の教えを受けたマーヴィンだが、1984年4月1日(マーヴィンの誕生日の前日)、その父親の手によって射殺され、44年の人生を終えている。

Producer: Marvin Gaye
1971年





What's Goin On - Marvin Gaye
関連アーティスト