Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Marvin Gaye & Tammi Terrell / UNITED

マーヴィン・ゲイを神へと変貌させたタミーとの出逢い

マーヴィン ゲイ Marvin Gaye &
Tammi Terrell,
United, 1967
マーヴィン・ゲイの素晴らしいところは、常にポップスターであることを守りながらも、変化を恐れず、チャレンジを続けたことだと思う。デュエットアルバムでも、ビジネスだと割り切り次々と相手を変えている。まず最初の相手は、当時大スターであったMary Wells(マリー・ウェルズ)。この作品ではウェルズの迫力にマーヴィンが圧倒されている感じだったが、続くKim Weston(キム・ウェストン)とのデュエットで実力を発揮しはじめる。そして、この流れの中で、最も成功した作品が、Tammi Terrell(タミー・テレル)との“United”だ。

この頃のマーヴィン・ゲイはすでに大スターであり、若いタミー・テレルを見守る余裕もあった。こうして強くてハンサムな男に、若くキュートな女という、ソウル史上最高の疑似カップルは誕生した。

今でも多くのアーティストに愛されるアシュフォード&シンプソン作の“Ain’t No Mountain High Enough”を始め、このアルバムからは4曲も大ヒットが生まれている。驚くことに最大のヒットは“Ain’t No…”ではなく、“Your Precious Love”だった。Diana Ross(ダイアナ・ロス)が1970年に発表した壮大なオーケストラが入ったバージョンで初めて“Ain’t No…”はチャート1位になった。

“Ain’t No Mountain High Enough”以上にこのアルバムを特別なものにしているのは、やはりタミー・テレルの悲しい運命だろう。この作品で人気を得たふたりだったが、1967年の公演中にタミーは意識を失い、ステージ上でマーヴィンの腕の中へ倒れてしまった。診断の結果、脳腫瘍だと分かり、数回にわたり手術を受けたものの、1970年に24歳の若さで亡くなっている。このストーリーを思い出しながらB4の“Sad Wedding”を聞いていると、涙があふれそうになる。

タミーの死は、マーヴィンに大きくのしかかり、しばらくは芸能活動に復帰できなかったらしい。しかし、その苦悩とともに生きることを決意して誕生したのが傑作“What’s Goin On”であり、その結果、マーヴィン・ゲイは単なるポップスターから、アーティストへと成長することができた。

Producer: Harvey Fuqua, Johnny Bristol, Hal Davis, Berry Gordy, Jr.
1967年





Ain’t No Mountain High Enough - Marvin Gaye
関連アーティスト