Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Watts Prophets / RAPPIN’ BLACK IN A WHITE WORLD

ヒップホップの聖典

Watts Prophets Rappin' Black In a White World,
Watts Prophets, 1971
ワッツ暴動(暴動後にスタックスのアーティストが一堂に会した一大イベント“WattsStax”も有名)から2年後の1967年にロサンゼルスのワッツ地区で結成されたWatts Prophets(ワッツ・プロフェッツ)。ラップは西海岸ではワッツ・プロフェッツ、東海岸ではLast Poets(ラスト・ポエッツ)から始まったとよくいわれる。

1971年の“Rappin’ Black In a White World”でも彼らの本質がよく表れている。ポエトリー・リーディングのようにも聞こえるが、そのリズムは明らかにラップであり、ヒップホップと同質のものだ。演奏はピアノやベースが時おり入るぐらいなので、現代のヒップホップを期待しても肩すかしを食らうだけだが、この時代のグルーヴを味わうにはこれ以上のものはない。むしろ今のラッパーのだれよりもメッセージ性は強く、時代的な背景を考えてもかなりラディカルであり、知的でもある。ゲスト参加しているDee-Dee McNeil(ディーディー・マクニール)は、黄金期のMotown(モータウン)を支えたひとり。まるでオリジナルメンバーのようになじんでおり、彼女の声がいいアクセントになっている。

最初聞いた時は、正直「やってしまった!」と思ったが、何度か聞いていると、演劇的でもあり、ヴィジュアルが浮かぶようになり、意外と心地よくなった。

ラストの“Black In a White World”は、子守唄のように響くが、歌詞は黒人であることの不条理が綴られており、あまりにも悲しい。

ヒップホップを愛する人たちのバイブルともいえる作品。

Producer: Mike Thome
1971年





Black In a White World - Watts Prophets
関連アーティスト