Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Brothers of Soul

デトロイトが生んだ知られざる実力派ハーモニー

ブラザーズ オブ ソウル I Guess That Don’t
Make Me a Loser,
Brothers of Soul, 1968
1967年に起きたデトロイト暴動に触発されグループ名が決まったという男性3人からなるヴォーカルグループ、ブラザーズ・オブ・ソウル。緊迫した暴動の経緯は、キャスリン・ビグローの映画『デトロイト』で描かれているが、ブラザーズ・オブ・ソウルの曲にはそんな暴力的な雰囲気は全くなく、どこまでも甘く切ない。

モータウン発祥の地らしく、元々メンバーのFred Bridges(フレッド・ブリッジズ)とRichard Knight(リチャード・ナイト)は、自動車工場で勤務していた同僚であった。仕事の合間に地元レーベルに曲を持ち込んでいたが、そこで3人目のRobert Eaton(ロバート・イートン)と出会っている。3人の才能を見込んだレーベル・オーナーが彼らをグループとしてまとめ、デビューの後押しをした。

オリジナルアルバムは残しておらず、グループとしてはほぼ無名だが、実力でデビューを勝ち取っているだけに粒ぞろいのいい曲をたくさん残している。

代表曲は彼らにとって唯一のヒット曲となった“I Guess That Don’t Make Me a Loser”(1968年R&Bチャート32位)。その他にもミドルのグルーヴが心地いい“Try It Babe”や“Dream”、典型的なスウィートソウル“One Minute Babe”や“Candy”、ノーザンソウルタイプの“Come on Back”など作品の幅も広い。

3人はルビー・アンドリュースに多くの曲を提供しているが、メイヴィス・ステイプルの“Since You Became a Part of My Life”も彼らの曲。フレッド・ブリッジズ個人としては、フォートップス、デルズ、ドラマティックス等の大物にも提供している。

何かのキッカケがあればこれからでも評価が高まりそうなヴォーカル・グループ。





Dream - Brothers Of Soul
関連アーティスト