Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Yvonne Fair

JBスクール卒の「ファンキー・ビッチ」

イヴォンヌ・フェア I Found You,
Yvonne Fair, 1962
バージニア州生まれ、ニューヨーク育ちのイヴォンヌ・フェアはChantels(シャンテルズ)やJames Brown(ジェームズ・ブラウン)のレヴューで花形女性シンガーとして活躍。ソロ(Yvonne Fair & the James Brown Band)としてはKing(キング)から1962年“I Found You”をリリース。ジェームズ・ブラウンの手によるこの曲は、後に彼の代表曲のひとつ“I Got You (I Feel Good)”に書き換えれた。

ジェームス・ブラウンと行動を共にしていただけあって、かなりなファンキー・ヴォーカルだが、花が開いたのはその後Motown(モータウン)に移籍してから。ファンキー系が得意なNorman Whitfield(ノーマン・ホイットフィールド)と出会いアルバム“The Bitch Is Black(1975年)”をリリース、その中から“It Should Have Been Me”(全英5位・1976年。アメリカでは大ヒットというほどではないが…)のヒット曲も出た。

夫はLittle Anthony and the Imperials(リトル・アンソニー&ザ・インペリアルズ)やO’Jays(オージェイズ)で活躍したSammy Strain(サミー・ストレイン)。





I Found You - Yvonne Fair
関連アーティスト