Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Marva Whitney

JBから「ソウルシスター#1」の称号を受けたファンキーディーヴァ

マーヴァホイットニー It’s My Thing,
Marva Whitney, 1969
カンサスシティーで生まれ育ったマーヴァ・ホイットニー。子どもの頃はゴスペスグループで歌っていたが、次第に世俗的な世界にも足を踏み入れるようになる。Tommy & the Derbysというバンドのリードヴォーカルを担当する頃には、カンサスにやってくるIke & Tina Turner(アイク&ティナ・ターナー)、Johnny Guitar Watson(ジョニー・ギター・ワトソン)等の大物たちの前座を務めるようになった。Bobby Bland(ボビー・ブランド)やLittle Richard(リトル・リチャード)からはツアーの話もあったが、より大きなチャンスを求めてシンシナティへと旅立つ。

1967年にはKing Records(キング)と契約、すぐにJames Brown Revue(ジェームス・ブラウン・レビュー)で歌うようになる。同時にJBプロデュースでソロも発表するようになるが、当初はヒットに恵まれなかった。しかしこの頃の作品“Unwind Yourself(1968年)”は、ロウ・ファンクの名作として、20年後、The 45 Kingに使われ再注目される。

マーヴァ・ホイットニーの名前が一躍有名になったのは、Isley Brothers(アイズレー・ブラザーズ)“It's Your Thing”の改作“It’s My Thing (You Can’t Tell Me Who to Sock It to)”の成功だ。この曲はR&Bチャート19位(1969年)のヒットなり、彼女の代名詞となった。その後も“Things Got to Get Better”、“I Made a Mistake Because It's Only You Part 1”等のヒット作が続いた。

ジェームス・ブラウンから「ソウル・シスター・#1」と称賛され、Kingからアルバムも3枚残しているが、1970年にJBのもとを離れ、カンサスシティーに帰っている。

2006年には日本のオーサカ=モノレールとのコラボレーションで来日し、アルバム“I Am What I Am”を残した。





It's My Thing - Marva Whitney & the J.B.'s
関連アーティスト