Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Al Kooper / NAKED SONGS

米国音楽史に残る偉人の白くて黒い作品

アル クーパー Naked Songs,
Al Kooper, 1973
多才なアル・クーパーの作品の中で最も黒いアルバム。そして最もアメリカ的でもある。ソウルやブルース等のブラック・ミュージックから、カントリーやサザンロック、ポップスまで、恐ろしいほど幅広いのだ。それでもどの曲も黒く感じるのは、ゴスペルが奥底に流れているからだろう。特に当時は珍しかったであろうシンセサイザーを、教会のオルガンのように使いこなしている点は、センスがなせる業(オルガンを使っているのに、わざわざシンセをオルガンっぽく使うこだわりよう)。

このアルバムで最も有名な曲はA3 “Jolie”だろう。曲自体は非常にポップだが、もしレイ・チャールズが歌えば最高のゴスペル・ソングになりそう。B3 “Touch the Hem of His Garnment”は、The Soul Stirrers(ソウル・スターラーズ)時代のサム・クックの曲。

ちなみにアル・クーパーは、ボブ・ディランの“Like a Rolling Stone”で印象的なオルガンを弾き、ブラッド・スウェット&ティアーズを結成し、ソロとしてその才能を思う存分発揮し、レーナード・スキナードを発掘し、アラバマ州の裏州歌ともいえる“Sweet Home Alabama”をプロデュースしたアメリカ音楽史に残る偉大な人。

Producer: Al Kooper
1973年





Jolie - Al Kooper
関連アーティスト