Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Babatunde Olatunji / DRUMS OF PASSION

アフリカ音楽の素晴らしさを欧米に初めて知らしめた一枚

ババトゥンデ・オラトゥンジ Drums of Passion,
Babatunde Olatunji, 1960
打楽器とチャントだけで構成されたナイジェリア人アーティスト、ババトゥンデ・オラトゥンジ1959年録音のデビュー作。この時代の人たちには、馴染みのない音楽スタイルだったにもかかわらず、この作品は大成功を収め、なんと500万以上も売り上げた。ババトゥンデ・オラントゥンジこそが、アフリカ音楽の素晴らしさを欧米の一般大衆に広めたといっても過言ではない。

ナイジェリア生まれのオラトゥンジは、幼少時からアフリカの伝統音楽に触れていたが、この時はまだ、自国の音楽の重要性にはそれほど気付いていなかったようだ。二十歳を過ぎた頃、アメリカの雑誌を見て、奨学金制度のことを知り、アメリカへ留学する決意をする。在米中もアルバイト程度で音楽活動はしていたが、彼の才能が花開いたのは、伝説的プロデューサー、ジョン・ハモンドに出会ってから。

“Drums of Passion”が音楽界に与えた影響は相当だったようで、主にジョン・コルトレーンやクインシー・ジョーンズ、マックス・ローチ(名作“We Isist!”で共演)等、感度が優れていたジャズ系のミュージシャンに信奉者が多い。A4の“Jin-Go-Lo-Ba”は、セルジュ・ゲインズブール、サンタナ、ファットボーイスリム等にカバーされている。

Producer: Al Ham
1960年





Akiwowo (Chant To The Trainman) - Babatunde Olatunji
関連アーティスト