Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Charles Rouse / TWO IS ONE

星になったジャズマン

チャーリーラウズ Two Is One,
Charles Rouse, 1974
Gil Scott-Heron & Brian Jackson(ギル・スコット・ヘロン&ブライアン・ジャクソン)やWeldon Irvine(ウェルドン・アーヴァイン)の一部作品等、大陸を越えたスピリチュアルなルーツを追求した独特な作品を多数リリースしていたStrata-East Records(ストラタ・イースト)。この硬派70年代型レーベルからリリースされたベテラン・テナーサックス奏者チャーリー・ラウズのリーダー作。

1959年から1970年まで活動を共にしたThelonious Monk(セロニアス・モンク)のユニットでのプレイが有名だが、このソロアルバムでは信じられないぐらい先鋭的な音を残している。ジャズでしかありえないファンクのA2 “Hopscotch”がやたらカッコいい。硬質なギターがサイケデリックな感じでいい。

ベースでStanley Clarke(スタンリー・クラーク)、パーカッションでAirto Moreira(アイアート・モレイラ)が参加。ということはChick Corea(チック・コリア)の“Return to Forever”にも少し影響を受けたのだろうか。チェロが効果的に使われており、神秘的な雰囲気もある。

ジャズファンにはチャーリー・ラウズという名の方が通りがいいが、このストラタ・イーストでは、チャールズ・ラウズと表記されている。ちなみにチャーリー・ラウズのファンだった天文学者ジョー・モンターニは、自分が発見した星に「チャーリーラウズ」という名を授けている。

Producer: Cha-Rou Inc.
1974年





Hopscotch - Charles Rouse
関連アーティスト