Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Ebo Taylor / LOVE AND DEATH

時間は過去からやってくることを体感させる最先端アナログ・アフロ・ファンク

エボ・テイラー Love and Death,
Ebo Taylor, 2010
ガーナ音楽界伝説の巨匠エボ・テイラーが74歳の時にリリースした“Love And Death”。2010年の作品とは思えないほど、凄まじく音がアナログで、信じられないほど時代遅れでかっこいいアフロ・ファンクを聞かせてくれる。1950年代から活躍するテイラーにとって、初の国際的に発売されたアルバムらしい。

バックを務めるのは、現代にガーナのハイライフを伝えるAfrobeat Academy(アフロビート・アカデミー)、ベルリンのロウファンク・バンド Poets Of Rhythm(ポエッツ・オブ・リズム)のメンバー、フィンランドの奇才Jimi Tenor(ジミ・テナー)と共演したアフロ・ファンク・バンドKabu Kabu(カブ・カブ)等、現代ファンク界のツワモノばかりだ。

エボ・テイラーはギターとヴォーカル、作曲を担当しているが、このアルバムで一番存在感を発揮しているのは、プロデュースのBen Abarbanel-Wolffのパワフルなサックスだ。彼は米国人だが、現在はベルリンで活動しており、アフロビート・アカデミーのプロデューサーでもある。

つまりこの作品は、単なるガーナの伝説的ミュージシャンの回顧録のような作品ではなく、2010年のベルリンの最先端(かつおそろしいほど時代遅れの)ファンクなのだ。

とにかくここまで時代に媚びない音を残してくれたことに感謝したい。

Producer: Ben Abarbanel-Wolff
2010年





Love and Death - Ebo Taylor
関連アーティスト