Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Eddie Henderson / REALIZATION

医学を学んだ男の哲学系ジャズファンク

エディヘンダーソン Realization,
Eddie Henderson, 1973
ジャズが一番危険な音楽だった70年代(正統派ジャズ・ファンは同意しないだろうけど…)、その中でも最も危険なレコードのひとつがEddie Henderson(エディ・ヘンダーソン)の本作。同じフレーズを反復するベースラインの上に、科学者のように研ぎ澄まされた頭脳と優れた身体感覚をフルに活用して各人のインプロヴァイゼーションが展開。自らの血流を逆からたどり、アフリカに向かい、突破した先に宇宙が広がっていたようなイメージ。東洋人としては、異なる世界観にただただ圧倒されるばかり。作品によって出来不出来が激しいエディ・ヘンダーソンだけに、この作品の場合はプロデューサーのPat Gleeson(パット・グリーソン)が冴えてたのかもしれない。パットのシンセがとにかく狂ってて素晴らしい。

本作がソロ第1作目で、それ以前はキレッキレ状態のハービー・ハンコックのレコーディングに参加していた。『リアライゼイション』にもハービーが参加している。この時期の両者が目指す方向が同じなのは、作品を聞けば分かる。70年代のハービーやマイルス・デイビスが好きな人は、きっとこのアルバムも気に入るはず。ちなみにプロデュースのパット・グリーソンもハービー畑の人。

Producer: Skip Drinkwater & Pat Gleeson
1973年






Scorpio-Libra - Eddie Henderson
関連アーティスト