Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Eddie Hinton / VERY EXTREMELY DANGEROUS

裏方オールスターズによるサザンソウル賛歌

エディ・ヒントン Very Extremely
Dangerous,
Eddie Hinton, 1978
マッスルショールズのギタリストとしてウィルソン・ピケット、アレサ・フランクリン、ステイプル・シンガーズをはじめ、数多くの大物アーティストと仕事をこなしてきた白人アーティスト、エディ・ヒントンのソロデビュー作。

レコーディングはもちろんマッスルショールズ、バックはアレサ・フランクリンの大傑作“I Never Loved a Man (The Way I Love You)”でもプレイしたマッスルショールズ・リズム・セクションのメンバー。サウンドは1977年のものとは思えないほど、このアラバマの名門スタジオの黄金期の音が再現されておりキレッキレ。

彼の本業はギター。ヴォーカルは正直、このスタジオにやってきた黒人アーティスト達のような力強さはないが、エディ・ヒントンの「サザンソウル愛」をヒシヒシと感じるから、この際そんなことは帳消し。音楽には多少の技術は必要だが、それよりも大切なのは愛なのだ。

オススメはA1 “You Got Me Singing”。この曲はサザンソウル黄金期へのオマージュのような構成で、あらゆる黒人アーティストのリスペクトを感じる。続く“Concept World”では、サザンロックのような出だしから徐々にソウルフルに盛り上がっていく。軽くグルーヴしながらシャウトするB4 “Yeah Man”もなかなか。

Producer: Barry Beckett
1978年





You Got Me Singing - Eddie Hinton
関連アーティスト