Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Ernie K-Doe / ERNIE K-DOE

一般的には無名でもニューオーリンズでは超有名人

アーニー・ケイドー Ernie K-Doe, 1972
1961年、Minit Records(ミニット)からリリースした“Mother-in-Law”がビルボードのホット100で1位を獲得、ニューオーリンズ発のレコードとして初めての快挙を成し遂げたErnie K-Doe(アーニー・ケイドー)。その後も“Te-Ta-Te-Ta-Ta”や“Laster for Tomorrow”のヒットを飛ばし、地元のヒーローとして君臨するようになる。

本作はミュージシャンとしてはピークを少し越えた1972年に録音された。プロデュースはミスター・ニューオーリンズともいえるアラン・トゥーサン。当然サウンドはニューオーリンズ色満載だ。

このアルバムのオススメは、1曲目の“Here Come the Girls”。この曲はニューオーリンズ・ファンク屈指の裏名曲といってもいいほどの出来だ。ニューオーリンズらしいゆるいグルーヴなら“Backstreet Lover”と“Fly Away With Me”。ガンボ風味の熱いバラード“Talkin’ ‘Bout This Woman”も抜群。

Lee Dorsey(リー・ドーシー)をさらにゆるくしたようなアーニー・ケイドーのこのアルバムを聞いていると、コミカルなのになぜか涙が溢れそうになる。

このアルバムの後、彼は地元ラジオ局のDJを務め、強烈なキャラで人気を博した。

Producer: Allen Toussaint
1972年





Here Come the Girls - Ernie K-Doe
関連アーティスト