Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Allen Toussaint / LIFE, LOVE AND FAITH

ニューオーリンズ発の偉大なる“GLOCAL”アーティスト

アラン・トゥーサン Life, Love And Faith,
Allen Toussaint, 1972
グローバルな視野でアラン・トゥーサンを偉大な音楽家・作曲家として捉えるなら、名作誉れ高い1975年の“Southern Nights”もいいかもしれないが、もしニューオーリンズを代表するローカルなアーティストとして見るなら、この“Life Love and Faith”の方がミュージシャンとしての熱量を感じる。

「熱量」と書いたが、プレイヤーとしてのアラン・トゥーサンは、あまり熱くない。それなのに、その土地のグルーヴを強烈に感じさせてくれるところが、彼の魅力であり、クレオール文化の不思議な力でもある。一曲目の“Victims of the Darkness”からそれは最大限に発揮されている。とにかくこのアルバムには、細部に至ってニューオーリンズ臭がプンプンに漂っているのだ。

時代錯誤とも思えるB1 “Soul Sister”で始まるB面は、ニューオーリンズ・ファンには涙無くして聞けないはず。ミシシッピ川流域の泥沼にはまったように、もう脱出不可能。しかし、物には順序が大切なので、まずA面から聞くことをオススメ。その方が感動が倍増することは間違いなし。

Meters(ミーターズ)の前身バンド時代からの付き合いであるギターLeo Nocentelli(レオ・ノセンテリ)、ベースGeorge Porter Jr.(ジョージ・ポーター・ジュニア)、ドラムJoseph Modeliste(ジョセフ・モデリスト)も参加。

ニューオーリンズの全てが詰まっているような高品質な作品。

Producer: Allen Toussaint
1972年





Victims Of the Darkness - Allen Toussaint
関連アーティスト