Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Minit Records

アラン・トゥーサンを生んだニューオリンズのレーベル

Minit Ooh Poo Pah Doo, Part 2,
Jessie Hill, 1960
1959年、ニューオーリンズで誕生したMinit Records(ミニット)。このレーベルを音楽面で支えていたのが、ニューオーリンズの仕掛人Allen Toussaint(アラン・トゥーサン)だ。最初のヒットはJessie Hill(ジェシー・ヒル)の“Ooh Poo Pah Doo, Part 2(1960年)”。Imperial(インペリアル)との配給契約を1961年に結ぶとすぐに、Ernie K-Doe(アニー・ケイドー)のナンバー1ヒット“Mother-In-Law”が出た。1963年にトゥーサンがレーベルを去るまでAaron Neville(アーロン・ネビル)、Irma Thomas(アーマ・トーマス)らのニューオーリンズを代表するアーティストが活躍した。

ローリングストーンズやフーにカバーされたBenny Spellman(ベニー・スペルマン)の“Fortune Teller”はノーザンソウル・クラシックとしても知られている。





Mudd - Roy Montrell
関連アーティスト