Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Meters / LOOK-KA PY PY

ニューオーリンズ最高のファンクユニット

ミーターズ Look-Ka Py Py,
Meters, 1969
音楽的な完成度は70年代のミーターズに譲るが、この時代(1969年)は、荒々しさと適度なユルさが残っており、より本格的なニューオーリンズらしいセカンドライン・ファンクを味わえる。

このアルバムの醍醐味は何といっても、そのリズムだ。ドラムのJoseph Modeliste(ジョー・モデリスト)、ベースGeorge Porter, Jr.(ジョージ・ポーター・ジュニア)、そしてカッティングギターが冴えるLeo Nocentelli(レオ・ノセンテリ)の生み出すファンキーなグルーヴは、全盛期のファンク・ブラザーズやJ.B.’sにも匹敵する。

これだけのグルーヴがあるのだからサンプリングネタにも尽きることがない。タイトル曲の“Look-Ka Py Py”はサイプレス・ヒルの“The Phuncky Feel One”をはじめ大勢のアーティストに取り上げられている。その他にも有名な曲だけでもA2 “Rigor Mortis”はジャングル・ブラザーズの“I’m Gonna Do You”、A6 “Funky Miracle”はギャング・スターの“Take a Rest”、B2 “Little Old Money Maker”はウルトラマグネティックMC’sの“Ease Back”と数え切れないほどある。

オールドファンクの名盤としてだけではなく、DJやヒップホップ世代にとってもネタ満載の教科書的一枚。

Producer: Allen Toussaint, Marshall E. Sehorn
1969年





Look Ka Py Py / Jungle Man - Meters
関連アーティスト