Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Flora Purim / OPEN YOUR EYES YOU CAN FLY

亜熱帯の花弁のように浮遊するブラジリアン・ヴォイス

フローラ プリム Open Your Eyes
You Can Fly,
Flora Purim, 1976
声を楽器のように操るブラジル出身の歌姫フローラ・プリム。60年代にブラジルの音楽をアメリカに伝えた立て役者がアントニオ・カルロス・ジョビンやセルジオ・メンデスだとすれば、70年代は彼女の名前を外すことはできないだろう。本作はタイトル通りサウンドに身を任せればエクスタシー確実。

フローラ・プリムはChick Corea(チック・コリア)のReturn to Forever(リターン・トゥ・フォーエバー)に参加し、一躍注目される。サウンドとしてはラテンフュージョンをベースに、ブラック・ミュージックのテイストをプラス。この人のアルバムはいつもそうだが、ミュージシャンの選択のバランスが絶妙だ。ブリブリベースのAlphonso Johnson(アルフォンソ・ジョンソン)に、キーボード弾きまくりのGeorge Duke(ジョージ・デューク)、そしてパーカッションのAirto Moreira(アイアート・モレイラ)が暴れまくるA1のタイトル曲は必聴。踊れて、聞ける70年代のマスターピース。

彼女の夫はこのアルバムにも参加している70年代のブラジルの偉人、アイアート・モレイラ。

Producer: Orrin Keepnews
1976年





Open Your Eyes You Can Fly - Flora Purim
関連アーティスト