Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

60〜70年代ソウル、ジャズファンクの大辞典を構築中です。スマホ対応なので外出先でもご活用を!

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Harold Alexander / SUNSHINE MAN

苦悩する怪人の熱い息吹

ハロルド・アレキサンダー Sunshine Man,
Harold Alexander, 1971
ジャズでもソウルでもなく、ハードでもソフトでもなく、高級でも低級でもなく、他のFlying Dutchman(フライング・ダッチマン)のアーティストにもあまり似ていない、音楽界のミステリー・ゾーンに位置する怪人ハロルド・アレキサンダー。このアルバムでは、作詞作曲と、ソプラノ・サックス、フルート、そしてうめき声を担当している。

オススメは何といってもB1 “Mama Soul”。フルートを吹いているのか、歌っているのか、もしくは両方をしようとしているのか、とにかく彼の熱い音楽魂が前面に出た、これぞハロルド・アレキサンダーというような曲。フルートがこんなにリズムと一体になっているのは、あまり聞いたことがない。ちなみにドラムはBernard “Pretty” Purdie(バーナード・プリティ・パーディ)。ドカドカうるさいベースはRichard Davis(リチャード・デイヴィス)。『ママ・ソウル』一曲だけもこのアルバムは買い。

ハロルド・アレキサンダーはJohn Patton(ジョン・パットン)やPucho & the Latin Soul Brothers(プーチョ&ザ・ラテン・ソウル・ブラザーズ)のバックでも活動しているが、ソロとしての活動期間は非常に短かった。音楽産業を去る前に彼はこんな言葉を残している。「音楽が嫌いになったわけではない。いつの間にか、みんなに聞いてもらいたいという意志がなくなっただけだ。まあ、周囲は俺がイカレちまったと思ってるだろうけど…」。

『サンシャイン・マン』というアルバム・タイトルは、「太陽のように明るい男」というよりは、「太陽のようにあらねばならない男の苦悩」という意味があるようだ。怪人というのは往々にして、苦悩するものなのだ。

Producer: Bob Thiele
1971年






Mama Soul - Harold Alexander
関連アーティスト