Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Marlena Shaw / WHO IS THIS BITCH, ANYWAY?

大人女性のメロウな戯れ

マリーナ・ショウ Who Is This Bitch, Anyway?,
Marlena Shaw, 1975
「ところで、このアマ一体だれ?」というブルーノートらしからぬ下品なタイトルのこのアルバム。意表をついて3分以上の男女のそれほど下品でもない会話から始まるという、日本人にはとっつきにくいつかみなのに、日本でも超有名な一枚でもある。それもこれもメローな名曲がズラリと並び、バックもメロウな音をやらしたらスーパー級のミュージシャンが揃っていることが原因だろう。ベースにChuch Rainey(チャック・レイニー)、ドラムHarvey Mason(ハービー・メイソン)、ギターにはDavid T. Walker(デビッド・T・ウォーカー)とLarry Carlton(ラリー・カールトン)と、トロトロ保証100%のメンバーばかりだ。いわゆる70年代に一世風靡したフュージョン系の一流ミュージシャン達だが、このアルバムでは、マリーナ・ショウのボーカルを生かすことに徹しているので、余計なテクニカルなプレイをしていないのがいい。

オススメは、メロウな曲ではA2“You Taught Me How to Speak in Love”とEugene McDaniels(ユージン・マクダニエルズ)の名曲でジョージ・ベンソンやロバータ・フラックのヴァージョンが有名な“Feel Like Makin’ Love”。ミドルではB3“Loving You Was Like a Party”。

メロウな女性ボーカル物が好きな人には必携の一枚。

Producer: Bernard Ighner
1975年





Feel Like Makin’ Love - Marlena Shaw
関連アーティスト