Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

George Benson / IN YOUR EYES

歌にギターに、ジョージ・ベンソンの魅力満載の作品

ジョージ ベンソン In Your Eyes,
George Benson, 1983
歌うようにギターを弾くジョージ・ベンソンがフルスロットルで本当に歌いまくるこの“In Your Eyes”。彼の作品の中でも最もポップな作品であり、80年代を代表するフュージョン系の豪華ミュージシャンがバックを務めていることでも有名(あまりにもたくさんいるのでメンバーは省略)。

1曲目の“Feel Like Making Love”からジョージ・ベンソンの魅力が全開。Eugene McDaniels(ユージン・マクダニエルズ)作のこの曲は数多くのアーティストが取り上げているが、ジョージ・ベンソンのバージョンが、Roberta Flack(ロバータ・フラック)のオリジナルと並んで屈指の出来映え。ヴォーカルとユニゾンで弾く彼のギターも冴えている。続く“Inside Love (So Personal)”は、このアルバムで唯一Kashif(カシーフ)がプロデュースを担当。メイン・プロデューサーの大物Arif Mardin(アリフ・マーディン)に引けをとっていない。A3“Lady Love Me (One More Time)”では、ギターを置いてヴォーカルに専念しており、大人のソウルを聞かせてくれる。B1“In Your Eyes”は、まだディスコが華やかな頃のチークタイムの定番。

比較的派手な上記4曲がこの作品では目立つが、ジョージ・ベンソンの本領は、むしろそれ以外のメローな曲で発揮される。Chaka Khan(チャカ・カーン)がバックコーラスを務めるA4“Love Will Come Again”や、B2“Never Too Far to Fall”は、80年代らしいメローソウルの佳曲。

ミーハーすぎると敬遠する人もいそうだが、よく聞くとかなり渋い構成で、実力派のジョージ・ベンソンだけあって、内容は非常に充実している。

Producer: Arif Mardin, Kashif
1983年





Inside Love (So Personal) - George Benson
関連アーティスト