Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Pharoah Sanders / KARMA

極楽系スピリチュアル・ジャズ

ファラオ・サンダース Karma,
Pharoah Sanders,
1969
このアルバムの圧巻は何といっても合計約33分近くに及ぶ“The Creator Has a Master Plan”のパート1と2だろう。Leon Thomas(レオン・トーマス)のヨーデルのような叫び声が印象的だが、何といってもファラオ・サンダースのサックスの存在感が際立つ。

ファラオ・サンダースは、晩年のJohn Coltrane(ジョン・コルトレーン)とも演奏を共にしており、この作品は彼の死の2年後に発表されている。死の間際、コルトレーンはフリージャズに傾倒していたので、死後はファラオ・サンダースが彼の遺志を受け継いだともいえる。

この作品のファラオ・サンダースは、かなり激しくサックスを吹いているが、全体を通した印象は、熱さよりもクールさだ。スピリチュアルな作品に多いピリピリとした緊張感よりも、パラダイスのようなリラックスした感じを受ける。アーティストとして非常に充実していたからではないだろうか。

ピアノでLonnie L. Smith Jr.(ロニー・リストン・スミス)が参加。

Producer: Bob Thiele
1969年





The Creator Has a Master Plan - Pharoah Sanders
関連アーティスト