Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Apple and the Three Oranges / FREE AND EASY

欲をファンクのガソリンにしたリンゴ男

アップル&ザ・スリー・オレンジズ Free And Easy,
Apple and the
Three Oranges
エドワード・アップル・ネルソンと女性3人から成るLAファンクのユニット、アップル&ザ・スリー・オレンジズが1970~1975年に残した音源を集めた本作『フリー・アンド・イージー』。彼らはシングル盤を残しただけの全く無名のグループだったので、この作品が世に出るまでは、一般的にファンク史的には幻の存在だった。

2013年のLA Weeklyの記事によると、エドワード・アップル・ネルソンは、ニューオーリンズの低所得者向け住宅出身で、場所柄もあり豊かな音楽に囲まれて育ったようだ。Art Neville(アート・ネヴィル)がミーターズ結成前に組んでいたバンドThe Hawkettes(ホウケッツ)も見たことがあるという。そのためか、彼らの音はどこかセカンド・ライン・ファンクの匂いもする。

10年生で落第すると、すぐに水色のポンティアックを手に入れ、スターになるため西海岸へと向かった。

暴動で有名なワッツ地区に居を構え、しばらくするドラマーとして名を売るようになる。幻のファンクアーティストArthur Monday(アーサー・マンデイ)の“What Goes Around Comes Around”のドラムも担当した。この曲は『フリー・アンド・イージー』にも収録されている。

その他にもEtta James(エタ・ジェイムス)、Dr. John(ドクター・ジョン)、Johnny ”Guitar" Watson(ジョニー・ギター・ワトソン)、Leon Haywood(レオン・ヘイウッド)、Charles Wright(チャールズ・ライト)等のバックも務めている。中でもエタ・ジェイムスには気に入られたようで、「アップルがいないのなら歌わない」とまで言われたらしい。

初シングル“Free and Easy”がそこそこヒットした後、インディー・レーベルSagittariusを設立するが、金策に困り、終いには刑務所に収監されてしまう。これで彼の運は尽き、スターへの道は閉ざされてしまった。その後は、世俗的な世界には飽きたのか、『フリー・アンド・イージー』なヨガの世界へと行ってしまった。

本作『フリー・アンド・イージー』には、まだ欲にまみれたワイルドな時代のアップル・ネルソンの、極上ディープ・ファンクやソウルがたくさん詰まっている。

Producer: Arthur Monday, Edward “Apple” Nelson





Free And Easy - Apple And The Three Oranges
関連アーティスト