Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Cal Tjader / Soul Sauce

ラテン・ジャズ・ヴァイブといえばこの人!

カル ジェイダー Soul Sauce,
Cal Tjader, 1965
ラテン・ジャズの大家、カル・ジェイダー。しかし彼は中南米生まれでも、ラテン・コミュニティで育ったわけでもない。またヴィブラフォン奏者として有名だが、若い頃はドラマーとしてならし、ピアノやパーカッションもこなす器用な人。

20代の頃にニューヨークでラテン・ジャズの洗礼を受けたことが、彼の人生を変えた。以後この世界にどっぷりと浸かる。この作品でもA2でMongo Santamaria(モンゴ・サンタマリア)の『アフロ・ブルー』の見事なカバーを披露しているが、彼と出会ったのもこの頃。

『ソウル・ソース』は彼の黄金期ともいえるVerve Records(ヴァーヴ)時代の代表作で、プロデュースはクリード・テイラー。プレイヤーもジャズとラテン双方のメンバーを配し、パーカッションにはWillie Bobo(ウィリー・ボボ)、トランペットにDonald Byrd(ドナルド・バード)、ギターKenny Burrell(ケニー・バレル)、テナー・サックスJimmy Heath(ジミー・ヒース)と非常に豪華。

ジャケット写真のような激辛ソースではないが、白人ならでは抑制の効いたスパイスで上質なラテン・ジャズの名曲が並ぶ。

Producer: Creed Taylor
1965年





Afro Blue - Cal Tjader
関連アーティスト