Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Donald Byrd / PLACES AND SPACES

摩天楼を低空飛行するような爽快ジャズファンク

ドナルド・バード Places and Spaces,
Donald Byrd, 1975
時代とともにどんどん変化していくドナルド・バード。本作『プレイシズ・アンド・スペーシズ』は、彼の作品の中で最も垢抜けた都会的な作風。適度なファンクと爽やかなメロディー。しかし、同時代に多くのジャズミュージシャンが流れていったいわゆるフュージョン系の音とは一線を画する。

プロデュースは、70年代にドナルド・バードをはじめ、ボビー・ハンフリーやア・テイスト・オブ・ハニー等を手がけたスカイ・ハイ・プロダクションズのマイゼル兄弟。『プレイシズ・アンド・スペーシズ』はマイゼル兄弟にとっても最もスカイ・ハイらしい70年代を代表する作品でもある。

この作品には極上のポップスとしても成立するほどの歌心がありながら、コアな部分にはぶっといほどのブラック・ミュージックの血流が脈打っている。60年代のモータウン的な世界を、70年代ジャズで再現しているようにも感じる(フォンス・マイゼルは、ジャクソン5の“I Want You Back”でモータウンにも関わっていた)。

大ベテランが時代に逆らうことなく受け入れ、満点回答を出した爽快な作品。

Producer: Larry Mizell & Fonce Mizell
1975年





(Fallin’ Like) Dominoes - Donald Byrd
関連アーティスト