Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Cleveland Eaton / HALF AND HALF

「お客様は神様です」的なプロのジャズ師

クリーヴランド・イートン Half and Half,
Cleveland Eaton,
1973
Ramsey Lewis Trio(ラムゼイ・ルイス・トリオ)での活動が有名なジャズベーシストのクリーヴランド・イートン。60年代から精力的な活動をしていた彼がようやく出すことができた1973年の初ソロアルバム。リリースはなんとギャンブル&ハフのレーベルGambleから。そのせいか、Stylistics(スタイリスティックス)の“Betcha By Golly Wow”、“People Make the World Goround”のカバーまで披露している。その他にもAreatha Franklin(アレサ・フランクリン)の“Day Dreaming”やWar(ウォー)の“Slipping into Darkness”、Luther Ingram(ルーサー・イングラム)の“Missing You”等、ソウルの名曲を多数カバー。浅田真央的アルバムタイトル『ハーフ・アンド・ハーフ』とは、ジャズとソウルが半分半分という意味か?

多くのカバーソングが収録されている中、最も光っているのがクリーヴランド・イートンのオリジナル曲 A1 “Keep It Funky”。このアルバムの中で最も攻めたジャズファンク。

彼はアーティストの自己満足だけで作品を作るつもりはなかったようだ。裏ジャケットにも「皆さんに楽しんでもらうために作りました」とわざわざ書いている。その点についてはラムゼイ・ルイス・トリオ時代から一貫している。

都会の空を奇妙なケンタウロス的な半身半獣が飛んでいる趣味の悪いジャケットデザインも楽しい。

1973年





Keep It Funky - Cleveland Eaton
関連アーティスト