Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Freddie Hubbard / RED CLAY

ジャケット込みでCTIを象徴する一枚

フレディ ハバード Red Clay,
Freddie Hubbard, 1970
ブルーノート時代を含めてもフレディ・ハバードの最高傑作に挙げる人もいる『レッド・クレイ』。メンバーはロン・カーター(ベース)、レニー・ホワイト(ドラム)、ハービー・ハンコック(ピアノ)、ジョー・ヘンダーソン(サックス)。その上、リリースは70年代前半のジャズ・ファンク界をリードしたクリード・テイラー率いるCTI。こんなにいい条件が揃えば、駄作になるわけがない。

このアルバムではやはりタイトル曲が秀逸。過去のジャズを連想させるようなオープニングから一転して、抑揚の効いたドラムとベース、そしてユニゾンで続くフレディ・ハバードとジョー・ヘンダーソンのホーン。CTIらしいクールさと熱情を併せ持つこの曲は、このレーベルを代表する一曲だ。

マイルス・デイビスを思わせるトランペットで始まる“The Intrepid Fox”もいい。こちらは“Red Clay”とは対照的にCTI流の洗練したハードバップ・ジャズ。ハービー・ハンコックのメロウなキーボードが入ることにより、単なるオールドジャズの焼き直しではなくなっている。

“Suite Sioux”はア・トライブ・コールド・クエストの“Jazz”のネタに使われている。

Producer: Creed Taylor
1970年





Red Clay - Freddie Hubbard
関連アーティスト