Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Graham Central Station / NOW DO U WANTA DANCE

スーパーグループ出身のスーパーベーシストによるスーパーファンキーなパーティーチューン!!

グラハムセントラルステーション Now Do U Wanta Dance,
Graham Central Station,
1977
Sly & The Family Stone(スライ&ザ・ファミリー・ストーン)のメンバーであり、ファンク専門スーパー・ベーシストのLarry Graham(ラリー・グラハム)が独立して結成したGraham Central Station(グラハム・セントラル・ステーション)1977年の作品(邦題:ダンス・ダンス・ダンス)。アカペラで始まるところからして、ファーストのイメージにかなり近いがファンク視点で眺めればこちらの方が数段上。元スライのメンバーだけあって雑食性がとても強く、ブルース、ジャズ、ゴスペル、ロック、と何でもごちゃ混ぜにした曲を、ラリー・グラハムの親指一本でファンクにしてしまう。B2 “Stomped Beat-Up And Whooped”やB3 “Lead Me On”のようなミディアム・スローでもハードに感じてしまうその個性は凄い。

ヴォコーダーを多用したサウンドは、ダフトパンクやミッドナイト・スターより数百倍ファンキー!!

ちなみにドレイクはラリー・グラハムの甥だとか。

Producer: Larry Graham, Jr.
1977年





Now Do U Wanta Dance - Graham Central Station
関連アーティスト