Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Marilyn Mazur & Pulse Unit / CIRCULAR CHANT

世界を駆け巡る有機的リズム

マリリン・マズール Circular Chant,
Marilyn Mazur &
Pulse Unit, 1995
ニューヨーク生まれだが、6歳の時からデンマークに移住し、ヨーロッパを中心に活動するマリリン・マズール。パーカッションやドラムを演奏するバンドリーダーであるとともに、ダンサーとしてのキャリアもある。1985年にマイルス・デイビスからバンドに誘われ、世界的に知られるようになった。その後、ギル・エバンス・オーケストラ、ウェイン・ショーター、平林牧子等とも活動をともにし、評価を高める。

このマリリン・マズール&パルス・ユニットは、デンマークで有名なJazzpar Prizeという優秀なジャズ・ミュージシャンを讃える賞のために作られた一時的なグループ(彼女自身も2001年に受賞している)。そのため残されたアルバムもこれだけしかない。

全体を流れる空気は、マリリン・マズール流の幽玄的で緩やかな有機的欧州ジャズ。アフリカやインドネシアのような景色も見える。このユニットで印象的なのは、トランペットが本業のPer Jørgensenという人物のヴォーカル・ワーク。どこかピーター・ガブリエルのようでもあり、ゆらゆら揺れるヨーデルのような発声はレオン・トーマスのようでもある。マリリン・マズールも、彼のヴォーカルありきでこのユニットのコンセプトを発想したようだ。

後半に収録された“Amulu”と“Green Bones”は、一転して欧州のジャズロックとウェザー・リポートが合体したようなオーガニックでスピーディなジャズ。大地を感じる前半とは対照的で、こちらは宇宙的でもある。

時代を超越した一枚。

Producer: Marilyn Mazur, Klavs Hovman
1995年





Marilyn Mazur Celestial Circle
関連アーティスト