Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Melvin Jackson / FUNKY SKULL

奇天烈ベーシストの頭蓋骨ファンク

メルヴィン・ジャクソン Funky Skull,
Melvin Jackson, 1969
メルヴィン・ジャクソンという名を聞いて、「あぁ、エディ・ハリスのところのベーシストでしょ」と即答できる人は、相当の変わり者(もとい、ジャズ通)のはず。彼にとっておそらく唯一のリーダー作であり、人類にとっても唯一無二の作品がこの『ファンキー・スカル』だ。

師匠にあたるエディ・ハリスも相当変わっているが、メルヴィン・ジャクソンも全く負けていない。むしろこのアルバムを残している分、変態レコーディング・アーティストとしては上回っているかもしれない。

アルバムの根底を流れるのは、ファンキーなソウルジャズ。しかし、タイトルに「スカル」が付いているように、曲によってはおどろおどろしかったり、スピリチュアルだったり、サイケデリックだったり、スペーシーだったりする。それなのに、シリアスさはなく底抜けな明るさを感じさせる。決してスーパースターではないメルヴィン・ジャクソンにとって、ソウルジャズだけでは勝負できないと感じ、考えに考え抜いた世界がこの『ファンキー・スカル』だったのだろう。このアルバムはパーティーでかけて盛り上がれるキワモノジャズなのだ。

サウンドをボトムで支える役目のベーシストである彼は、このアルバムに関しては全く支える気がない。ベースにエフェクターをかけまくって、時代物のシンセのような変な音で前面に出て目立ちまくっている。こんな変な作風なら、ろくなミュージシャンが参加していないだろうと思うかもしれないが、これが意外なほど魅力的な面々が協力している。まずトランペットにLester Bowie(レスター・ボウイ)、サックスはRoscoe Mitchell(ロスコー・ミッチェル)。時々アート・アンサンブル・オブ・シカゴのようになるのは、彼らの影響かもしれない。ドラムにはオーティス・レディングからファラオ・サンダースまでこなすBilly Hart(ビリー・ハート)。ベースとギターにはオールマイティなPhil Upchurch(フィル・アップチャーチ)と完璧な布陣。

奇天烈なソウル・ジャズだが、最初から最後までフルに楽しめる超オススメの一枚。

Producer: Robin McBride
1969年





Funky Skull Pt 1 & 2 - Melvin Jackson
関連アーティスト