Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

PJ Morton / PAUL

現代に生まれたとても純粋なソウル賛歌

PJ モートン PAUL,
PJ Morton, 2019
故郷ニューオーリンズに戻り“Gumbo”とそのライヴ版“Gumbo Unplugged”という名作をリリース、最早マルーン5のメンバーという肩書きも不要となったPJ・モートン。そんな大スターとなったアーティストにしては、非常に素朴な作品となった本アルバム。タイトルもシンプルに“PAUL”。彼の本名から採られた(父が同じ「ポール」だったことから、区別するために幼い頃から“PJ”と呼ばれたらしい)。

この作品でPJ・モートンは全く背伸びをしていない。ニューオーリンズ出身であることや、マルーン5のファンを特別意識することもない。好きな音楽を好きな場所でとてもリラックスした雰囲気でプレイしているのだ。サウンドの底辺には、おそらく強い影響を受けているであろうスティービー・ワンダーやマーヴィン・ゲイを感じる懐かしいソウルのテイストが流れている。しかし、詩のテーマとしては、地元LAのことを常に気にかけていたラッパーのニプシー・ハッスルの死を扱った“Buy Back the Block”や、トランプ大統領のおきまりのフレーズをネタにした“MAGA”のように、過去への郷愁だけではなく、時事的な話題も選んだ。だが怒りが前面に出ることはない。彼は生前のニプシー・ハッスルのように、希望を見出しにくい社会情勢でも、どうすれば地元の人たちと前向きに暮らせるのかを考えているという。問題を怒りで解消せずに、前進するための課題だと捉えているのだ。

マルーン5での成功が逆に混乱をもたらし、一時はソロ活動を停止するとも噂されたPJ・モートン。しかし地元に戻ったことで精神的な安定を再び得ることができ、純粋なソウル・ラバーとして、さらにアーティストとして前進することができた。

プロデューサーとしても優秀なPJ・モートンだが、“PAUL”では最先端を目指していない。2019年のニューオーリンズに住む1アーティストが純粋なソウルへの愛を込めた自然な姿がこの10曲には詰まっている。

Producer: PJ Morton
2019年





Say So - PJ Morton feat. JoJo
関連アーティスト