Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Loleatta Holloway

ダンスフロアで永遠に生き続ける歌声

ロリータ・ハロウェイ Loleatta,
Loleatta Holloway, 1976
母親の影響で幼少時からゴスペルに親しんでいたため、成長してから音楽のスタイルが変遷しても常にLoleatta Holloway(ロレッタ・ハロウェイもしくはロリータ・ハロウェイ)の歌にはゴスペルが生きていた。

1974年にはSam Dees(サム・ディーズ)作の正統派ソウル“Cry to Me”のヒットを出しているが、ロリータ・ハロウェイが本領を発揮しだすのは、Salsoul Records(サルソウル)傘下でNorman Harris(ノーマン・ハリス)のレーベルGold Mind(ゴールド・マインド)と契約してから。最初のシングル“Worn Out Broken Heart(1976年)”は、これもサム・ディーズの作品で明らかに“Cry to Me”の2匹目のドジョウを狙ったものだったが、注目を集めたのはB面の“Dreamin’”だった。この曲以降、ロレッタ・ハロウェイにはダンスフロアの女王のイメージがつき、“Hit And Run”、“Love Sensation”、Salsoul Orchestra(サルソウル・オーケストラ)の“Run Away”等の名曲を残すようになった。

ロレッタ・ハロウェイが最も注目を浴びたのは、彼女自身の作品ではない。1989年、イタリアのハウス・ユニットBlack Box(ブラック・ボックス)の大ヒット曲“Ride on Time”に、彼女の“Love Sensation”が無断で使用されたことによってだった。裁判でハロウェイ側が勝利して事態は収まるが、ラッキーなことに「ライド・オン・タイム」のヒットによって、ロレッタ・ハロウェイには「ハウスの女王」の肩書きも加えられた。

その後もデジタルな音にグルーヴを与える彼女のゴスペル・フィーリング溢れる歌声は、様々なアーティストにサンプリングされ続けた。





Runaway - The Salsoul Orchestra feat. Loleatta Holloway
関連アーティスト