Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Gabor Szabo / JAZZ RAGA

誰も演らなかったジプシー・インド・ジャズ!

ガボールザボ Jazz Raga, Gabor Szabo, 1966
ハンガリー生まれのジャズ・ギタリストGabor Szabo(ガボール・ザボ)。20歳の頃にハンガリーで起こった暴動から逃れるため、米国に渡っている。

ガボール・ザボの作品には、ジャズだけではなくロックや故郷ハンガリーのジプシー音楽も取り入れられているが、この『ジャズ・ラーガ』では、インド音楽を大胆に導入している。彼はギター以外に、シタールも弾いている。

オススメはガボール・ザボがヴォーカルも担当するオープニングの美しい“Walking On Nails”や続く“Mizrab”と、ローリングストーンズの“Paint It Black(邦題:黒くぬれ!)”のカバー。“Paint It Black”でのシタールはあまりにもハマりすぎの感もあるが、ザボ流のアレンジも加えられており、聞き応えは十分ある。“Walking On Nails”と“Mizrab”の透明感は、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのデビュー作にも共通性を感じる(リリースはガボール・ザボの方が先。ヴェルヴェッツ程のシリアス感はないが…)。

彼のギタースタイルは、カルロス・サンタナに強い影響を与えたといわれている。

ドラムにはBernard Purdie(バーナード・パーディ)が参加。プロデュースは後にFlying Dutchman Records(フライング・ダッチマン)を興したBob Thiele(ボブ・シール)。

この世にほとんど存在しないタイプの音楽なので、興味のある人はぜひ一度体験を!

Producer: Bob Thiele
1966年





Walking On Nails - Gabor Szabo
関連アーティスト