Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

King Curtis / LIVE AT FILLMORE WEST

メンバー紹介だけで名曲を生み出したグルーヴの達人

キングカーティス Live at Fillmore West,
King Curtis, 1971
本作『ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト』のクライマックスはいきなり来る。冒頭の『メンフィス・ソウル・シチュー』のメンバー紹介がやたらとかっこいいのだ。

まずはベースJerry Jemmott(ジェリー・ジェモット)のグルーヴで幕を開け、そこにBernard Purdie(バーナード・パーディ)の未来的で時代を超越したドラムが加わる。バンドの骨格ともいえるふたりのリズムに、温かな血液を通す役割がギターのCornell Dupree(コーネル・デュプリー)。彼らこそ、ソウル史に残るバックバンドKingpins(キングピンズ)だ。

これだけでは終わらない。オルガンにはゲストでBilly Preston(ビリー・プレストン)、ホーンセクションにはStax Records(スタックス)で数多くの歴史的名演を残したThe Memphis Horns(メンフィス・ホーンズ)まで参加している。

このライヴはAretha Franklin(アレサ・フランクリン)の前座として行われ、彼らはそのままアレサのバックバンドも務めている。このアルバムと“Aretha Live at Fillmore West”と併せて聞くのも面白いだろう。

“Live at Fillmore West”発売日の1週間後、キング・カーティスはニューヨークの自宅に戻ったところ、不幸にも偶然出会った麻薬ジャンキーと口論になりナイフで刺され殺害された。

キング・カーティスはサム・クックの伝説的なハーレム・スクエア・クラブのライヴでもサッックスを吹いている。

Producer: King Curtis, Arif Mardin, Jerry Wexler
1971年





Memphis Soul Stew - King Curtis
関連アーティスト