Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Minnie Riperton / PERFECT ANGEL

「奇跡のワンダーヴォイス」という称号が最も似合うシンガー

ミニーリパートン Perfect Angel,
Minnie Riperton, 1974
スティービー・ワンダーがEl Toro Negroなる偽名で全面的にサポートしたミニー・リパートンの本作。彼はドラム、ピアノ、ハーモニカの演奏のみならず、プロデュースもミニーの夫であるRichard Rudolph(リチャード・ルドルフ)とともに、Scorbu Productionsというユニット名で関わっている。

あまり「黒さ」を感じないミニー・リパートンの歌声だが、若い頃は地元シカゴの名門レーベルChess Records(チェス)で、Etta James(エタ・ジェームズ)、Fontella Base(フォンテラ・バス)、Muddy Waters(マディ・ウォーターズ)等のバックヴォーカルを務めたこともあった。

このアルバムを伝説としたのは、何といってもB3 “Lovin You”の存在だろう。数えきれない程のアーティストにカバーされたこの曲では、ミニーの代名詞ともいえるスーパーソプラノヴォイスが堪能できる。ちなみにこの歌をより印象的にしている鳥のさえずりに対しては、ちゃんと裏に“Mocking Bird - God”とクレジットでされいる。

個人的には、スティービーが提供した2曲(“Take a Little Trip”、“Perfect Angel”)と“Lovin You”が好きだが、他の曲も、実験的なRotary Connection(ロータリー・コネクション)時代を彷彿とさせ、彼女の魅力がよく出ている。

ソウルという枠を超えて、ゴスペルとはまた違う天上世界の音楽のようであり、間違いなく70年代を代表する名盤の一枚だろう。

“Lovin You”がチャート1位に輝いた翌年、ガンの宣告を受け、テレビで自分の病について告白している。それから4年後、31歳の若さでこの世を去った。スティービー・ワンダーが、ミニーのために作った新作を聞きながら、夫の腕の中で亡くなったという。

Producer: Scorbu Productions
1974年





Lovin You - Minnie Riperton
関連アーティスト