Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Buckinghams / TIME & CHARGES

ソウルとブラス・ロックがマイルドに融合

バッキンガムズ Time & Charges,
Buckinghams, 1967
シカゴで結成された5人組のバンド、バッキングガムズ。時代はビートルズやローリングストーンズをはじめとする英国勢が席巻していた「ブリティッシュ・インヴェンション」の真っ只中。彼らも(というかビジネスサイドの思惑だろうが)それにあやかろうと、元々はPulsationsというバンド名だったが、英国風の「バッキンガムズ」に改名してデビューした。

デビューアルバム“King of a Drag”では、ブラックミュージックの影響がモロに出た、かなりストレートなビートロックを聞かせてくれたが、本作『タイム&チャージズ』では、サイケ色を出しながらもポップなブラスロックにスタイルを変えている。その大きな原因は、プロデューサーにジェームス・ウィリアム・ガルシオを迎えたこと。彼はシカゴのプロデュースで一世風靡しているが、バッキンガムズのこの作品は、その直前に制作されている。つまりのシカゴで完成する彼のブラスロックは、バッキングガムズがプロトタイプとなっている可能性が高い。

ジェームス・ウィリアム・ガルシオは、フランク・ザッパとも仕事を共にしていた人間だけに、ルーツミュージックとサイケデリックのブレンド具合はマエストロ級。このアルバムからはシングルカットされて大ヒットとなったA1 “Don’t You Care”やジョー・ザヴィヌル作曲でキャノンボール・アダレイがプレイしたB2 “Mercy, Mercy, Mercy”のようなシンプルにポップな曲から、B5 “Foreign Policy”のようにピンクフロイド的な展開を見せる曲まで非常に幅広い。

高い人気を誇ったバッキンガムズだったが、メンバーはガルシオのサイケ路線が気に入らなかったようで、このアルバムをリリースした翌年に仲違いしてしまった。

Producer: James William Guercio
1967年





Don’t You Care - Buckinghams
関連アーティスト