Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Grant Green / AIN’T IT FUNKY NOW!

ブルーノートのファンキーギタリストによる名コンピレーション

Grant Green Ain't It Funky Now!,
Grant Green
あたたかなシングルトーンのギターが特徴のグラント・グリーン。リーダーアルバムはたくさんあるが、この“Ain’t It Funky Now!”は、彼のファンキーな側面に焦点を当て、1969年から1972年の間にBlue Note(ブルーノート)からリリースされたソウルのカバー曲ばかりを集めたおいしいコンピレーション・アルバム。

一曲目はJames Brown(ジェームス・ブラウン)の“Ain’t It Funky Now”。かなりオリジナルに忠実なプレーだが、ジェームス・ブラウンのバージョンがライブの時に威力を発揮するような曲なので、グラント・グリーン版の方がスタジオ収録の曲としては完成度が高い。Public Enemy(パブリック・エナミー)の“Gotta Do What I Gotta Do”やWu-Tang Clan(ウータン・クラン)の“Gravel Pit”で、グリーンの“Ain’t It Funky Now”がサンプリングされている。

2曲目“Ease Back”はMeters(ミーターズ)のカバー。リズムの揺れは原曲に近いが、メロディーはグリーンのギターが前面に出て、かなりジャジー。続く“It’s Your Thing”はIsley Brothers(アイズレー・ブラザーズ)初期の代表曲。タイトなIdris Muhammad(アイドリス・ムハマッド)のドラムとRonnie Foster(ロニー・フォスター)のオルガンがカッコいい。4曲目の“Love on a Two-Way Street”はMoments(モーメンツ)のバラード。次のKool & the Gang(クール&ザ・ギャング)の“Let the Music Take Your Mind”でもアイドリス・ムハマッドのドラムが冴えている。ラストはStylistics(スタイリスティックス)の“Betcha by Golly Wow”でソウルフルに締めている。

グラント・グリーンは1976年にCTI傘下のソウル系アーティストが所属するKuduから同系統の“The Main Attraction”を出しているが、時代は遡ってもブルーノート時代のファンキーサウンドの方が、より現代的な気がする。





Ain't It Funky Now - Grant Green
関連アーティスト