Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Lou Donaldson / ALLIGATOR BOGALOO

新旧の才能の協力によって出来上がったソウル・ジャズの大名盤

ルー ドナルドソン Alligator Bogaloo,
Lou Donaldson, 1967
ソウル・ジャズを代表するサックス奏者Lou Donaldson(ルー・ドナルドソン)。彼はリーダー作だけでも山ほどあるので、ソウル中心に聞いてきたジャズの門外漢にとっては、どの作品を聞くべきか悩んでしまう。そうした人に最もオススメなのがこの『アリゲーター・ブーガルー』。

まずバックのメンバーがいい。ドラムにLeo Morris(レオ・モリス。後のアイドリス・ムハマッド)、ギターにGeorge Benson(ジョージ・ベンソン)、そして最もいい味を出しているのが、オルガンのLonnie Smith(ロニー・スミス)。彼はルー・ドナルドソンが直々にBlue Note Records(ブルーノート)へ紹介したプレイヤーだけに、ここでも持ち味を十分に発揮している。この『アリゲーター・ブーガルー』の成功がきっかけで、ロニー・スミスはブルーノートからソロ作を発表するようになる。

後に超有名プレイヤーになるこの3人も、当時はまだ駆け出しの存在だったが、彼らのフレッシュな頭脳が、ベテランのドナルドソンにいい影響を与えているように感じる。

この作品を名作たらしめているのは、やはりタイトル曲の“Alligator Bogaloo”だろう。タイトなリズム、シャープなのに温かいトーンのギター、ツボを得たオルガンと、ここでも若手3人が御大をしっかりと支えている。

Producer: Alfred Lion
1967年





Alligator Bogaloo - Lou Donaldson
関連アーティスト