Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

V.A. / CHESS CLUB RHYTHM & SOUL

モッズを狂喜させた名門レーベルのコンピレーション

チェス・クラブ・リズム&ソウル Chess Club Rhythm & Soul
英国のモッズたちが愛してやまなかった米国のソウルやブルース。そして米国産ソウル&ブルースの名門がChess(チェス)。その二つを英国視点で集めたのがこのコンピレーション・アルバム『チェス・クラブ・リズム&ソウル』。60年代のチェス傘下のレーベルを知るサンプルになるだけではなく、全曲踊れる曲ばかりなので最高のパーティーミュージックでもある。

とにかくうだうだ語るより以下の収録曲を見てもらえば、このアルバムの良さを理解してもらえるはず。

1. Mellow Fellow - Etta James
2. Messin' With the Man -- Muddy Waters
3. Get Out -- Mitty Collier
4. Summertime -- Billy Stewart
5. Ooh Baby -- Bo Diddley
6. You Left the Water Running -- Maurice & Mac
7. Hey Mr. O.J. -- Bobby Moore & The Rhythm Aces
8. Can't Make It Without You -- Fred Hughes
9. Ain't It? -- Jack Mcduff
10. Let's Wade In the Water -- Marlena Shaw
11. Fire -- Koko Taylor
12. Do I Make Myself Clear? -- Etta James
13. Knife and a Fork -- Kip Anderson
14. My Babe -- Little Walter
15. Help Me -- Sonny Boy Williamson
16. Good Morning Little Schoolgirl -- Don & Bob
17. Who's That Guy? -- Kolettes
18. Here Comes the Judge -- Pigmeat Markham
19. Function at the Junction -- Ramsey Lewis
20. Grits Ain't Groceries -- Little Milton
21. Must I Holler -- Jamo Thomas
22. Every Day I Have To Cry -- Steve Alaimo
23. Musty Rusty -- Lou Donaldson
24. I Don't Wanna Fuss -- Sugar Pie Desanto
25. Hi-Heel Sneakers -- Tommy Tucker

ソウル、ジャズ、ブルース、R&Bとモッズらしいどれも最高に楽しく幅広い選曲。ピッグミート・マーカムの“Here Comes the Judge”なんて、1968年にすでにブレイクビーツでラップもやっている。個人的な一番のお気に入りはビリー・スチュワートが狂いまくる『サマータイム』!





Here Comes The Judge - Pigmeat Markham
関連アーティスト