Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Billy Stewart

史上最悪の「サマータイム」で歴史に名を残したシンガー

Billy Stewart Billy's Blues,
Billy Stewart, 1956
ガーシュインのスタンダードを木っ端微塵に破壊した『サマータイム』。あまりにも衝撃的なバカバカしさとコメディアンのような風貌のために、ビリー・スチュワートには常にノベルティ・シンガーとしての評価が付きまとった。誰も彼のライターやシンガーとしての側面には、見向きもしなくなってしまったのだ。

だがビリー・スチュワートは、意外なほど華やかなキャリアをたどっている。キャリアのスタートは、あのMarvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)やDon Covay(ドン・コヴェイ)も在籍していたRainbows(レインボーズ)というグループだった。レインボーズはすぐに解散となったが、Bo Diddley(ボ・ディドリー)に認められ、彼が所属していたChess Records(チェス)と契約することとなった。最初のシングル“Billy’s Blues”では、ボ・ディドリーがギターを弾いている。

チェスでは非常に順調な音楽生活を過ごした。1965年の“I Do Love You(R&Bチャート6位。1965年)”をきっかけに、“Sitting In The Park(R&Bチャート4位。1965位)”、“Summertime(R&Bチャート7位、ポップチャート10位。1966年)”、“Secret Love(R&Bチャート11位。1967年)”と立て続けにヒットを飛ばした。しかし、前述の理由でファンからは常にサマータイムのイメージを求められ、人気者でありながら音楽家としての本領を発揮しにくい状況になってしまった。

そして彼の人生はあっけなく幕を閉じる。ツアー中の1970年1月17日に、自動車事故にあい、32歳の若さで亡くなってしまった。





Summertime - Billy Stewart
関連アーティスト