Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Harlem River Drive / HARLEM RIVER DRIVE

危険な70年代ハーレムを感じるレアグルーヴの名盤

ハーレム・リヴァー・ドライヴ Harlem River Drive,
Harlem River Drive, 1971
ニューヨークはサウス・ブロンクス出身のEddie Palmieri(エディ・パルミエリ)。両親がプエルトリコ系移民だったこともあり、幼少時からラテン音楽に囲まれて育ち、60年代にはラテン系のピアニストとして成功していた。

そんな彼が率いたファンク・バンド、Harlem River Drive(ハーレム・リヴァー・ドライヴ)唯一のスタジオ録音のアルバムが本セルフ・タイトル作。音楽のベースにはラテンが流れているが、エディ・パルミエリ個人名義の作品とは違いハーレム・リヴァー・ドライヴでは、ジャズやファンクのグルーヴを意識的に強調している。1970年代初期のMiles Davis(マイルス・デイビス)、Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)、Curtis Mayfield(カーティス・メイフィールド)等に同調するかのように、米国社会に生きるラテン系アーティストの解答が、このハーレム・リヴァー・ドライヴではないだろうか。

特にJimmy Norman(ジミー・ノーマン)のヴォーカルがファンク色を濃くしている。ノーマンは、ローリングストーンズがカバーした“Time Is on My Side”の作者で、ジミー・ヘンドリックスやボブ・マーリーとも仕事をしており、非常に幅広い音楽的バックグランドを持つ人。

エディの兄、Charlie Palmieri(チャーリー・パルミエリ)が弾くオルガンの音が印象的なA1のタイトル曲が全体のトーンを決めている。3曲目の“Idle Hands”は、当時のハーレムの空気感がよく出た70年代ラテン・ファンク屈指の名曲。ちなみにこの曲のドラムはBernard Purdie(バーナード・パーディ)、ギターはCornell Dupree(コーネル・デュプリー)が担当している。ドープな雰囲気に浸りたいならB1の“Broken Home”。そしてクライマックスはラストの“Seeds of Life”。パーディとデュプリーに加えてRandy Brecker(ランディ・ブレッカー)がファンキーなトランペットで盛り上げている。

Producer: Eddie Palmieri, Lockie Edwards
1971年






Idle Hands - Harlem River Drive
関連アーティスト