Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Robert Palmer / SNEAKIN' SALLY THROUGH THE ALLEY

ニューオーリンズを愛した元祖ブルーアイド・ソウルのひとり

ロバートパーマー Sneakin' Sally Through
the Alley, Robert Palmer,
1975
ブラック・ミュージック・マニアとして知られるロバート・パーマーのソロデビュー作。バックを務めるのはリトルフィートのLowell George(ローウェル・ジョージ)とMeters(ミーターズ)を中心としたメンバー。全編アメリカン・ルーツ・ロックがスパイスとして効いたファンクが満載。

特に早くからニューオーリンズ・ソウルに注目していたパーマーらしく、1曲目の“Sailing Shoes”からAllen Toussaint(アラン・トゥーサン)の名曲でLee Dorsey(リー・ドーシー)も歌った“Sneakin' Sally Thru The Alley”まで、ノンストップでセカンドライン・ファンクが続く。Power Station(パワーステーション)の頃のように、バッチリきめる感じはあまり無く、ルーズに歌う本作でのスタイルは、ニューオーリンズ・ソウルにも合う。全体的にはロックよりも、ソウル色の方が強く感じられるが、音のバランスや録音の仕方などはロックのアプローチも感じられる。英国人視点のセカンドライン・ファンクという屈折した感じが面白い。ロック・ファンだけに聞かすにはもったいないブルーアイド・ソウルの名盤。

バックには、Cornell Dupree(コーネル・デュプリー:ギター)、Richard Tee(リチャード・ティー:ピアノ)、Bernard Purdie(バーナード・パーディ:ドラム)、Steve Winwood(スティーヴ・ウィンウッド:ピアノ)等の渋い面々も名を連ねている。

Producer: Steve Smith
1975年





Sneakin' Sally Through the Alley - Robert Palmer
関連アーティスト