Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Philip Bailey / LOVE WILL FIND A WAY

アフロジャズとブラコンをオートクチュール的に融合

フィリップベイリー Love Will Find a Way,
Philip Baileys, 2019
70年代にはアース・ウィンド・アンド・ファイアのリードヴォーカリストとして活躍し、80年代にはソロとしてもポップチャートを賑わしたブラック・ミュージック界屈指のファルセット・ヴォイスの持ち主フィリップ・ベイリー。以後ソロアルバムは着実にリリースしていたが、本作『ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ』は、かつての栄光ばかりを追わず、久しぶりに音楽界の本流とともにある非常に上質な作品となった。

今回の作品の根底に流れ続けているのはアフリカにルーツを持つ「ジャズ」。フィリップ・ベイリーとジャズとは意外な気もするが、彼はソロの時代もアルバム収録曲でフュージョン系の曲をよく取り上げており、バック・ミュージシャンの選択もジャズ系の人が比較的多かった。

本作でも年齢の近いチック・コリア(Key)やスティーヴ・ガッド(Dr)等だけではなく、現在最も脂の乗っているロバート・グラスパー(Key)、リオーネル・ルエケ(G)、カマシ・ワシントン(Sax)、ケンドリック・スコット(Dr)、クリスチャン・スコット(Trp)等も参加している。さらにはブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム(Dr)やビラル(Vo)のようなポップなスターまで参加しており非常に華やか。

収録曲は参加ミュージシャンのアイデアと取り入れたオリジナル曲と、カーティス・メイフィールド、トーキング・ヘッズ(!!)、マーヴィン・ゲイ、ファラオ・サンダース等、これまた多彩。

これほど盛り沢山だと収拾がつかなくなりそうだが、そこは荒波をいくつも乗り越えてきたフィリップ・ベイリー。決して派手さ一辺倒にはせず、アフロ・テイストなジャズに80年代のブラック・コンテンポラリーの味付けも加え、オートクチュールのような手作りの豪華さを出した。音楽の質の高さと親しみやすさをここまで融合させる技は、若手ミュージシャンにはないかもしれない。

よって本作『ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ』は、アース・ウィンド・アンド・ファイアのファン、彼のソロ作のファン、そして現代最先端ジャズのファン、誰もが納得できる一枚に違いない。

Producer: Philip Baily, Trinity Baily
2019年





Billy Jack - Philip Bailey
関連アーティスト